top of page
  • 執筆者の写真ウィルス.com

従業員にコロナウィルス感染の兆候が見つかったら(厚生労働省)


従業員の健康状態を確認

従業員の健康状態を常に確認し、以下に該当があれば自宅待機させてください。


発熱などの風邪の症状がある。

発熱がなくても体調不良の兆候が見られる。


※ 社内で発熱した場合は、マスクを着用させたうえで帰宅させる。

※社員に対して自宅待機などを命じた場合、感染症法、労働基準法、労働安全衛生法や就業規則等に基づいた対応を取ってください。


症状が改善した場合

次に掲げる場合、職場復帰可能です。


発症後、少なくとも8日が経過

各種薬剤の内服のない状態で、せき・のどの痛み・息切れ・全身のだるさ・発熱などの症状が消失して少なくとも3日経過

症状が続く場合

次に掲げる場合、最寄りの帰国者・接触者相談センターやかかりつけ医にお問合せください。


息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

重症化しやすい方(高齢者、基礎疾患のある方等)や妊婦の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状がある場合

重症化しやすい方以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

従業員に感染が確認された場合の対応

感染が確認された従業員は感染症法に基づく入院が必要です。

事業者は、保健所の指示により、事業所等の消毒を行います。


消毒のほか、家族、顧客への対応など不明な点については、最寄りの保健所へ相談してください。

Comentarios


bottom of page