top of page
  • 執筆者の写真ウィルス.com

なぜコロナ対応の窓口は病院ではなく「保健所」なのか


熱が出て、「自分が、新型コロナウイルス感染症にかかってしまったのではないか?」と心配になった時、最初に連絡するのは居住地の保健所とされている。保健所経由で、専門の医療機関につなげるのが標準である。


では、なぜ、窓口が保健所なのだろうか? それは、保健所が、公衆衛生の最前線の機関だからである。

公衆衛生は、公衆(人々・私たち)の生命と生活(暮らし)をまもることである。日本国憲法は、その25条で「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と述べ、それに続けて、第2項に、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」としている。

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page